漁師です、最近ヒマが多くなっています。


by hskowo3hmk
 日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを知っている人は全体の4割未満―。ノボノルディスクファーマはこのほど、こんな調査結果を発表した。同社では、日本人の体質について、「欧米人に比べて血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いため、太っていなくても糖尿病になりやすい」と指摘。「太っていないから大丈夫と思っていても、過食や運動不足が原因で糖尿病を発症する可能性がある」としている。

 調査は昨年12月、全国の40-60歳代の男女を対象にインターネット上で実施。1200人から回答を得た(男女とも600人)。

 調査結果では、どのような体型の人が糖尿病になりやすいかと聞いたところ、「太っている人」が49.7%で最も多く、以下は「体型は特に関係ない」43.8%、「標準体型の人」4.6%、「やせている人」1.3%、「その他」0.6%の順だった。

 また、日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを「知っている」は38.8%、「知らない」は61.3%だった。

 同社によると、国内の糖尿病患者は約890万人で、その9割以上がインスリンの分泌低下などが原因で起こる2型糖尿病とされている。肥満・やせの基準としてBMI指数を用い、太っている人をBMI25以上、太っていない人をBMI25未満とすると、日本人の2型糖尿病患者の6割が太っていないことになる。


【関連記事】
生活習慣病領域でOD錠が増加
糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得−協和発酵キリン
今年度の糖尿病関連製品市場は4千億円超―矢野経済研究所
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
日本イーライリリー、新規糖尿病治療薬を申請

新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
小沢氏、午後に聴取=都内で4時間予定−「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部−胆沢ダム下請け受注(時事通信)
[PR]
# by hskowo3hmk | 2010-01-26 18:19
 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が東京都世田谷区の土地を簿外の現金4億円を使って購入した2004年10月。小沢氏とかかわりの深い別の政治団体で、政治資金収支報告書に記載のない巨額の資金の入金があった。

 自民党時代に小沢氏らのグループの政治団体として発足し、小沢氏が自民党とたもとを分かった後も存続している「改革フォーラム21」。同団体の銀行口座に同月、総額約15億円が入金され、約1か月後までにすべて引き出されていた。

 その2年前の02年、当時、小沢氏が党首をしていた自由党は、同党幹事長だった藤井裕久・前財務相に、2回に分けて計約15億2000万円を「組織活動費」として支出していた。組織活動費は最終的な使途の詳細な報告を求められない。

 「個人に支出され、どう使われたのか分からないのは納得できない」。05年2月、藤井前財務相への支出について、国会で自民党議員から質問が出た。背景には、支出された資金の原資が、議席数などに応じて国から配分される政党交付金だったという事情があった。

 小沢氏が塾長を務める塾がある。「小沢一郎政治塾」。各分野の若手リーダーを育成する目的で、01年1月に開校した。

 「毎年30人前後の塾生を公募し、年2回、東京都内で3泊4日の集中講義を行っています。年4回のリポート提出もあります」。塾の運営委員会委員長を務める大久保潔重参院議員はそう説明する。03年までは自由党の主催だったが、解党後は小沢氏の私塾となった。塾出身者10人前後が国会議員に当選している。

 塾の運営費の一部を負担しているのが、「改革国民会議」という政治団体だ。政治資金収支報告書によると、04〜08年、講師料や施設利用料などの運営費として、計約1億2890万円を支出している。

 改革国民会議は、もとは小沢氏が率いた自由党の政治資金団体であり、同党が民主党との合併に伴い解党した03年9月26日、自由党から党の資金計約13億円の寄付を受けた。この中には、同党が国から受け取った約5億6000万円の政党交付金が含まれている。

 同団体の収入は04年以降、05年の約3000万円を除いてほとんどない。政党の資金が小沢氏の私塾の活動費に充てられている――。そんな構図が浮かぶ。

 改革フォーラム21、小沢一郎政治塾、改革国民会議。この三つの団体の事務所はいずれも、東京・紀尾井町のオフィスビルの同じ部屋にある。改革フォーラム21と改革国民会議の会計責任者は、同じ男性が務めていた。この男性は06年9月に亡くなり、葬儀委員長を務めた小沢氏は、人目をはばからず涙を流したという。

 かつて、自由党などで小沢氏と行動をともにした渡辺秀央参院議員(改革クラブ)は、この男性のことを「党や関連団体の金の流れをすべて握る『金庫番』だった」と語る。「使途や金の流れは、小沢氏と男性の2人以外には誰にも分からない」とも話した。

 今回、東京地検特捜部が摘発した陸山会の虚偽記入額は、収入、支出を合わせて計約15億円。これ以外にも、不透明な資金の流れが小沢氏のかかわる政治団体で見え隠れしている。

【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
石川容疑者、帝国ホテルから任意同行し逮捕 どこまで「親分」に迫れるか(産経新聞)
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
<法制審>国際裁判の管轄定める要綱案決定(毎日新聞)
8割がネットで公開=学校法人の財務情報−文科省(時事通信)
[PR]
# by hskowo3hmk | 2010-01-25 20:07
 午前9時 登庁し報道陣の取材に応じる。府と大阪市の再編について平松邦夫市長と長時間話し合ったことを明らかにし、「平松市長とは前提が違うのでかみ合うわけがない」。

 9時半 自民党府議団と平成22年度の予算編成で意見交換。

 午後1時 民主党・無所属ネットと予算編成で意見を交換する。

 3時半 公明党府議団との予算編成の意見交換会に臨む。

 6時半 在大阪ベトナム総領事館(堺市堺区)で、ファム・ザー・キエム副首相兼外相の歓迎会に出席。

 7時10分 大阪市内のホテルで開かれた公明党東大阪新春年賀会に参加する。

【関連記事】
府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換
橋下知事「統一地方選が一世一代の大勝負に」
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示

日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
参院目標650万票以上 共産党大会閉幕(産経新聞)
陸山会土地購入 中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
[PR]
# by hskowo3hmk | 2010-01-24 07:27
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、小沢氏が2007年に記者会見した際、同氏個人が土地の権利を持たない証拠として示した「確認書」は、会見の直前に作られていたことが19日、関係者の話で分かった。確認書には作成日として土地が移転登記された05年の日付が記載されており、当初から文書を交わしていたように偽装したとみられる。東京地検特捜部もこうした事実を把握しているもようだ。
 小沢氏はこの会見で、「土地購入の原資は銀行からの融資だった」と事実と異なる説明をしていたことも判明しており、特捜部は、小沢氏側が簿外資金による土地購入を隠すための偽装工作をした疑いがあるとみて調べている。
 この土地購入をめぐっては、同会事務担当者だった衆院議員石川知裕容疑者(36)が、購入代金に充てた4億円を収支報告書に記載しなかったとして、政治資金規正法違反容疑で逮捕されている。
 07年2月の会見で小沢氏は、この土地購入について、法人格のない政治団体は登記できず、便宜上、所有者を同氏個人にしたと説明した。
 その上で、陸山会代表の小沢氏と、個人としての小沢氏とで交わした確認書を示し、「政界引退後も個人名義にはならない。公私の区別をしている」と語っていた。
 関係者によると、特捜部は昨年3月、西松建設事件で陸山会事務所を捜索。その際に押収したパソコン内のデータから、確認書は記者会見に合わせて、直前に作られたと判断したとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)
<南青山殺害>防犯カメラの男、再逮捕へ 別事件で起訴(毎日新聞)
党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に−首相(時事通信)
路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)
[PR]
# by hskowo3hmk | 2010-01-23 09:13
 静まりかえる法廷に響く音声−。宇都宮地裁で21日行われた菅家利和さん(63)の再審公判で、検事が取り調べた様子を録音したテープが再生された。「うその自白」はなぜ起こったのか。傍聴を求め、地裁には朝から大勢の人が集まった。
 公判は10時すぎに開廷。裁判長が「証拠調べに入ります。午前中は1月28日に取り調べたテープを再生します」と述べると、書記官が再生ボタンを押した。
 「あのなあ、テープを用意してるけどいいか」。冒頭、廷内のスピーカーから、菅家さんに録音の同意を求める取り調べ検事の声が響いた。菅家さんの声は聞こえないが、検事は「まあ、気にしないで。やらしてくれ」と気軽な雰囲気の口調で続けた。
 その後、1984年の長谷部有美ちゃん殺害事件について、「どんな事件なのか聞かしてもらおうと思ってるんだけど」といったん切り出した。しかし、すぐには事件のことを聞かず、体調を気遣う質問に。菅家さんは「いい方じゃないです。足も疲れます」などと答えた。
 グレーのスーツを着た菅家さんは席に座り、やりとりを記録した書面を読んだり、目をつぶってじっと考え込む様子を見せた。
 地裁には、傍聴を求めて早朝から支援者らが詰めかけ、48席の一般傍聴席に772人が並んだ。 

【関連ニュース】
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証
同僚から現金奪い監禁=容疑でホスト3人逮捕
景品交換所から400万円奪う=2人組、テープで従業員縛る
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
テープ芯に指紋、1人と一致=時効直前3人逮捕の強盗致死

【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
鳩山首相 「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)
<日本郵政>3社体制に再編固める(毎日新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)
[PR]
# by hskowo3hmk | 2010-01-22 13:51